■M-1王者も遊びまくっていた!?

 芸能プロ関係者はこう話す。

「お笑い界、芸能界のトップ・オブ・トップの松本さんが、一般の方の告発によってここまでの大騒動に発展しているわけですからね。そのほかの芸人では、しっかりとした告発があれば、すぐに記事になってしまうということ。そして今、多くのタレコミが週刊誌サイドに相次いでいるといいますよね。

 2017年に狩野英孝さん(41)が未成年との疑惑が報じられた際は、週刊誌だけでなく、芸人とトラブルになっている女性から直接、事務所にリークが相次いだそうです。劇場に出演している若手クラスでは、何人か解雇された芸人も出ていると聞こえてきていますね……」(前同)

 大きなスキャンダルが出ると、連鎖的に多数のタレコミ、告発が寄せられるのは世の常のようだ。前出の芸能プロ関係者は続ける。

「『M−1グランプリ』で15年にチャンピオンの座に就いたトレンディエンジェル斎藤司さん(44)も、かなりいろいろあったそうですよ……。ハゲネタを売りにする斎藤さんですが、実は女性経験が豊富なことは本人もネタにしていて、過去に恋愛リアリティーショー『テラスハウス』(フジテレビ系)にゲスト出演した際も、テラハメンバーの恋愛模様を眺めながら”何回恋しても分かんないっすね”としみじみ明かしていました。自身で、”恋愛仙人”を自称するなど奔放な女性遍歴を語っています。

 その斎藤さんについても複数の女性から告発が届いているようだ……という噂が、一時業界で広まりましたね」

※画像はトレンディエンジェル斎藤司の公式インスタグラム『@tsukasa_trandy』より